ハンシン建設

検索

若手社員インタビュー

スタッフ画像

藤田 顕宏さん

Fujita Akihiro

  • Joinspan/ 2017年度
  • Graduation/ 近畿大学建築学部建築学科

私は建築学部を専攻していたため、就職活動は建設業に絞っておこなっていました。この会社に決めたきっかけは、地元の関西で就職したかったことと、大学で建築意匠系の勉強をしていたので、内装工事の部署があるところに惹かれました。入社後は阪急阪神ホールディングスの研修や会社での研修(現場実習など)があり、社員教育や若手社員に対するバックアップが特に手厚いと感じています。
リニューアル事業本部に配属後は、上司や先輩の下で丁寧に教えてもらえるのでわからないことなども聞きやすく、また自分の意見などにも耳を傾けてもらえるので積極的に発言しやすい環境だと思います。休みの日にはサーフィンに出かけ、リフレッシュすることが多いです。現在では、任せてもらえる仕事が増え、自信もついてきました。また、後輩もいるので、今度は私が後輩をしっかりフォローしていけるように頑張ります。

藤田さんに職場の雰囲気から
休日の過ごし方までインタビューしてみました!

現在の仕事内容(1日の流れ等)を教えてください。

朝は7時半に現場事務所につき、その日の準備をしながら職人さんが来るのを待ちます。
朝礼をして作業内容や危険な箇所の説明等を現場全員で共有してから作業を行います。
現場では基本的に図面の作成や工程調整、打ち合わせ、現場巡回、写真撮影・整理等を行います。
昼間は現場に出ていることが多いので、作業が終わってから事務仕事などをするのが1日の流れになります。

休日の過ごし方は?

サーフィンが趣味なので、休日は福井や京丹後、伊勢によく出かけています。
寒くないの? とよく聞かれますが、海の中は意外と暖かいので、冬でも楽しく練習しています。
土曜日現場がないときは、土日を利用して泊まりでいったりもします。

サーフィン

職場の雰囲気を教えてください。

頼りになる先輩、上司がいらっしゃるので、わからないことも丁寧に教えて下さり、いざ困ってどうしようか悩んでいるときも助けてもらいながら仕事をすることができています。ただ教えてくれるだけでなく、自分で考る時間を作ってもらい、自分の考えた結果を聞いた上で、教えてもらえるのでとても勉強になります。事務所も明るくて和気藹々としながらもやるべき時はしっかりとメリハリをつけて皆さんが仕事している職場環境です。

入社して一番楽しかったことやうれしかったことは?

私は、リニューアルの部署のため、新築のような大きな建物を造ることは少ないですが、老朽化し、破損している箇所の補修などで、「きれいになりましたね。」などお施主さんからお声かけして頂ける時が、一番うれしいです。

当社ならではの魅力だと感じたことは?

阪急阪神ホールディングスグループに所属しているため、研修等でグループ会社の方との交流があるのですが、配属後に発注者側と施工者側の立場で仕事をしたりすることがあり、なかなか他の会社ではない経験ではないかと思います。

入社してよかったと感じたことは?

一番よかったと感じるのは、職場の人間関係です。先輩や上司の方からは、大変忙しいにもかかわらず、時間を割いて沢山のことを教えて頂いており、困ったときもアドバイスをもらったり、プライベートの相談にのってもらったり、とても恵まれている環境で仕事ができていると思います。

入社前と入社後で会社のイメージが変わったことはありますか?

入社前は、建設業=怖い人が多いイメージでしたが、部署に配属されてからは、皆さんに丁寧に仕事を教えて頂き、現場でも職人さんや協力業者の社員さんにも、専門的なこと等たくさん教えて頂いており、助けて頂きながら日々作業しております。

将来の夢や目標は?

実務経験を積み、一級建築施工管理技士や一級建築士の資格取得を目指しています。
将来もし自分が家を建てるときは、自分で設計が出来たらいいなと思います。

将来の夢や目標

LINEWORKSでコンタクト

Pagetop