検索

会社概要

会社情報

商号 株式会社ハンシン建設
本社 〒555-0001
大阪市西淀川区佃2丁目10番5号
TEL:06-6105-3030
設立 1942年(昭和17年)11月19日
資本金 4億円
株主構成 阪神電気鉄道㈱ 100%
従業員数 256名
建設業許可 国土交通大臣(特-29)第1722号
一級建築士事務所登録 大阪府知事(ワ)第2650号
宅地建物取引業免許 大阪府知事(4)第49733号

役員

代表取締役社長 谷 昭人
専務取締役 礒野 真嗣
常務取締役 岡本 悟
常務取締役 辻本 亘
取締役 越田 忠広
取締役 仲田 義弘
取締役 溝渕 貴
取締役 大野 滋彦
取締役 南 幸男
準常勤監査役 石原 功三
監査役 黒木 敏郎

営業種目

土木工事、建築工事、電気工事、建設プロジェクトの調査、設計および工事監理、不動産取引

資格取得者状況(名)

技術士 2
構造設計1級建築士 1
1級土木施工管理技士 82
2級土木施工管理技士 13
1級建築士 21
2級建築士 19
1級建築施工管理技士 44
2級建築施工管理技士 6
1級造園施工管理技士 2
1級管工事施工管理技士 2
2級管工事施工管理技士 1
1級電気工事施工管理技士 2
測量士 7
宅地建物取引士 2
衛生管理者 5
1級建設業経理士 1

営業拠点

本社 〒555-0001
大阪市西淀川区佃2丁目10番5号
TEL:06-6105-3030
千舟事務所
(リニューアル事業本部)
〒555-0013
大阪市西淀川区千舟3丁目9番17号
TEL:06-6475-6006
木津川事務所
(基礎事業本部)
〒557-0063
大阪市西成区南津守5丁目13番37号
TEL:06-6652-8191
東京支店 〒135-0006
東京都江東区常盤2丁目14番11号 (T・CSビル3F)
TEL:03-3631-3431
名古屋支店 〒453-0013
名古屋市中村区亀島2丁目14番10号(フジオフィスビルディング703号)
TEL:052-452-3383
神戸支店 〒657-0842
神戸市灘区船寺通2丁目2番7号
TEL:078-806-2121
京都営業所 〒615-0062
京都市右京区西院坤町61番
TEL:075-313-1037
奈良営業所 〒636-0822
奈良県生駒郡三郷町立野南1丁目24番16号
TEL:0745-73-7552

機材センター

木津川 機材センター
南大阪 機材センター

沿革

1942年(昭和17年)11月
阪神土建工業株式会社を
大阪市此花区上福島北1丁目47番地に設立。
(翌年4月に阪神土木工業株式会社と改称)
1951年(昭和26年)12月
大阪市北区梅田町93番地2に本社を移転。
1955年(昭和30年)3月
神戸市東灘区御影本町2丁目18番1号に神戸支店を新設。
1980年(昭和55年)7月
東京都千代田区神田和泉町1番地6に東京支店を新設。
1981年(昭和56年)4月
名古屋市北区新沼町3番地に名古屋支店を新設。
1982年(昭和57年)4月
大阪市福島区福島5丁目6番37号に本社を移転。
1988年(昭和63年)5月
大阪市西成区南津守5丁目13番37号に木津川機材センターを新設。
1992年(平成 4年)10月
大阪市北区梅田2丁目3番19号に本社を移転。
1993年(平成 5年)7月
株式会社ハンシン建設に商号変更。
1999年(平成11年)3月
大阪市福島区海老江1丁目1番31号に本社を移転。
2000年(平成12年)10月
大阪府岸和田市河合町2070番地に南大阪機材センターを新設。
2001年(平成13年)2月
東京支店、ISO9001認証取得。
2002年(平成14年)7月
名古屋市中村区亀島2丁目14番10号に名古屋支店を移転。
2004年(平成16年)4月
神戸市灘区船寺通2丁目2番7号に神戸支店を移転。
2007年(平成19年)1月
東京都江東区常磐2丁目14番11号に東京支店を移転。
2007年(平成19年)10月
現在地に本社を移転。
昭和20年代の阪神ビルと大阪駅前

昭和20年代の阪神ビルと大阪駅前

S31 阪神電鉄(株) 本社ビル新築工事

1956年 阪神電鉄(株)本社ビル新築工事

S32 日本住宅公団 鳴尾第2団地B地区建築工事

1957年 日本住宅公団 鳴尾第2団地B地区建築工事

S34 二歩京都市低区幹線並びに東山幹線工事

1959年 二歩京都市低区幹線並びに東山幹線工事

S38 阪神不動産(株) 西阪神ビル新築工事

1963年 阪神不動産(株)西阪神ビル新築工事

S58 大阪市大川橋(飛翔橋)架設工事

1983年 大阪市大川橋(飛翔橋)架設工事

H2 日本道路公団 山陽自動車道御立トンネル工事

1990年 日本道路公団 山陽自動車道御立トンネル工事

H10 舞洲スポーツアイランド

1998年 舞洲スポーツアイランド

H11 西宮スタジオアネックス 新築工事

1999年 西宮スタジオアネックス 新築工事

H12 第二東名高速道路阿野高架橋(下部工)東工事

2000年 第二東名高速道路
阿野高架橋(下部工)東工事

H22 B社BLセンター

2010年 B社BLセンター

H23 ジークレフ御影城ノ前 新築工事

2011年 ジークレフ御影城ノ前 新築工事

組織図

組織図

基本理念

ゆるぎなき経営のための基本理念

  1. 顧客を第一に考え、適正なサービスを提供することにより、社業を発展させる。
  2. 先進的な取り組みと安全・品質・コンプライアンスをもって、建設ニーズに応える。
  3. 阪急阪神ホールデイングスの一員として、グループ全体の企業価値向上に寄与する。
  4. 会社と社員は互恵関係で社業の発展を図り、社会と環境保全に貢献する。

安全衛生方針

当社は人命尊重を基本理念として、安全衛生活動を協力業者と共に推進し、安全の確保と災害・事故の撲滅に取り組む。

【安全行動指針】

  • 労働安全衛生法等の法令及び社会規則を遵守する。
  • 労働安全衛生マネジメントシステムを確実に運用し、継続して安全衛生水準の向上に努める。
  • 協力業者と共に、安全衛生を最優先とした事前検討及び工事施工を行う。

【安全要項】

  • 工事に携わる人の安全、労働災害の防止
  • 工事ヤード周辺の人、車、家屋、ライフライン等の安全と環境保全
  • 品質マネジメントシステムによる製造物の安全及び品質の確保

【品質方針】

顧客のニーズを実現するため、常に品質の向上に取り組むことを明確にし、要求品質が実現されたことを検証し、顧客の満足する構造物等を提供し続ける。
そのために社員は、常に誠意を持って、常に前向きに、常に環境との調利を考え行動し、常に自己研鑽に努める。
それにより、顧客の信用をより高め経営の強化と発展につなげてゆく。